湿度や気温が気になる季節。1日使い捨てタイプのカラコンなら問題ないのですが、1ヵ月タイプのカラコンの場合は毎日の念入りなケアが必要になってきます。このケアを怠ると雑菌繁殖し瞳のトラブルの元にもなるのでしっかり身につけておきましょう。

【カラコンを保存するときに必要なもの】

o0320021413374249981

・保存ケース
・消毒液
・洗浄液
・保存液

最近ではほとんどの製品が「洗浄、消毒、保存」の3つ役割が一つになった1ボトルタイプのものなので、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。そして保存ケースも付属してくるので利用しましょう。

【レンズケア】

o0320021413367718660

1ボトルタイプのものを使えばレンズの擦り洗いだけで特別消毒などする必要はなく、レンズケースに入れて保存しておくだけで消毒が完了します。(約4時間以上、浸す必要あり)

消毒が完了したあとはレンズケースから取り出したレンズをそのまま装着できますが、新しい保存液で一度すすいだ方がより清潔に使えるのでおすすめします。

【タンパク質除去で快適さアップ♪】

o0320024013367718659

1ヵ月タイプのカラコンの場合、できれば2週間に1回のペースで利用して欲しい「タンパク質除去剤」。

最近では「消毒、洗浄、保存」に加え「タンパク質除去」まで行えるケア用品もあります。

ただし、このタイプの洗浄液は消毒効果が不十分なため瞳のトラブルの危険性が懸念されます。

実は私も商品を購入する際に非常に迷ったのですが、手軽さと引き換えに瞳のトラブルはを起こすくらいなら…と消毒効果が高い方を選び、2週に1回は別途タンパク質除去剤を使用しています。

それからカラコンの場合、漂白作用が強い過酸化水素タイプの消毒液は色落ちの原因になるので使用を避けるようにしてくださいね。

【カラコンケース ケア】

o0320024013367718657

大事なカラコンケースケア。1日毎にカラコンケースを洗い、しっかり乾燥させてから再度利用が理想的です。

乾燥させるのが手間と感じますが、カラコンケースを最低2個は用意して交互に利用すると効率が良いです。

今は1日使い捨てタイプが主流なので、1ヵ月タイプのカラコンを何種類も持っている人は少ないとは思いますが、使っていないカラコンでも「1日毎にカラコンケースを洗い、乾燥、保存液を新しくする」という作業をきちんとしておくと、より瞳のトラブルを防ぐことができるかと思います。

【保存場所】

o0320021413367718658

「カラコン保存 冷蔵」と検索ワードにも出てきますが、冷蔵庫で保存までする必要はないです。直射日光が当らず、できれば風通しの多い場所であれば、カラコンは安全に保存できます。